大塔ライフハウスとは

2011年9月紀伊半島大水害が発生し
その影響で2018年3月に廃校となった五條市立大塔小中学校

大塔ライフハウスでは
この美しい木造校舎を拠点に
児童発達支援・障害福祉サービス・介護サービス事業を始めます

写真

これにより
雇用を創出
移住者を増やし
生れる前から死んだ後までつながり続ける
自給可能で持続可能なコミュニティの再生を目指しています

写真

事業の運営主体は
五條市が立ち上げる社会福祉法人
「五條市社会福祉事業団大塔ライフハウス」です

写真

HOME